MENU

経済産業省創設おもてなし規格認証2019


日本のサービス産業と地域の活性化のために
おもてなし規格認証制度の創設背景
サービス産業と地域経済を盛り上げるためにうまれました。
サービス産業は今や日本のGDPの約70%を占めるとともに、地域雇用を生み、地域に住む人々の暮らしを支える経済の柱です。
地域経済、ひいては日本経済の発展には、このサービス産業の活性化と生産性の向上が不可欠です。
しかし、サービスは「その場・その人」が受ける一度きりの、それ自体は「目に見えない」ものです。
このため事業者が高品質なサービス提供を行っても、それを付加価値として価格に転嫁しづらい現状にあります。
日本全体のサービス産業の底上げをはかるためには、高品質なサービスに対して、それにふさわしい評価が受けられる
制度的な枠組みが必要です。
そこで、こうした現状を改善し、サービス品質を「見える化」するための規格認証制度として「おもてなし規格認証」が誕生しました。
おもてなし規格認証の目的について
サービス品質を「見える化」し、サービス事業者の方々の支援を通じて
地域経済の活性化をはかります。
おもてなし規格認証は、サービスを提供するすべての事業者にとって、高品質なサービスの提供・維持・向上を促し、
より高い生産性を実現するための、共通化された枠組みです。

一覧に戻る

  1. 2019
  2. 2018